便利な業務用食材

業務用食品に関する情報が満載!

業務用食材を購入する時の注意点

業務用食材を購入する時の注意点 近年は商店やレストランだけではなく、一般でも使用できる業務用食材を取り扱っているスーパーが増えてきています。
単価が安く、上手く活用すれば食費の節約、切り詰めに効果的です。
ただ注意したい点もあり、これを忘れると得どころか損をしてしまうかもしれません。
業務用食材特徴は安いこともそうですが、理由として大量であることです。
普通に購入する倍以上となるので気をつける必要があります。
まず買いに行く前に自宅の収容スペース確認します。
常温保存が可能なものはともかく、冷蔵と冷凍食品に関してはストック場所の確保が重要です。
量が多いので、しまいきれないと無駄にしてしまいます。
場合によってはシェアするのも良く、購入前に保存状態を確認する必要があるのです。
普段と同じ感覚で買い求めると、量に戸惑い、ストックに悩んでしまう場合が出てきます。
冷凍食品に関しては放置できないので、その日のメニューとして使うなど、保存を考えて購入することが大切です。

業務用食材の買い過ぎを防ぐ方法はある?

業務用食材とはその名前の通り、一般家庭用ではなく業務用に使用することを目的として販売されている大容量の食材の事を言います。
大容量での販売になるため1つの商品あたりの単価を下げやすく一般家庭用と比べるとトータルで比較して安価になることが多く節約を目的として購入する方が増えてきています。
ですが業務用食材を購入する際には注意点があります。
それは買い過ぎるという罠に陥ってしまう事です。
このような食材は業務用ということもあり1つの商品が大容量になっていますので当然ですが使い切るには計画性が必要になってきます。
せっかく節約になるからといって業務用を購入しても使い切れずに腐らせてしまうのでは節約の意味がありません。
そこで今回は買い過ぎを防ぐポイントをご紹介します。
まず、買い過ぎを防ぐための1つ目のポイントは、1つだけメインとなる商品を決めてから買い物に行くことです。
このメインの商品をもとに献立を考えることで購入する品を想像しやすく余計なものを購入することがありません。
次に2つ目は、バリエーションが何通りも想像できるかどうかです。
1つの商品に対して最低3つは料理のバリエーションが浮かばなければ購入しても使い道がないという事態に陥る可能性が高いです。
そのため最低でも3つは使い道が思い浮かぶ商品だけにしましょう。
この2点を必ず注意しながら購入することで業務用食材を上手に購入することが出来ます。

Copyright © 2016 便利な業務用食材 All Rights Reserved.