便利な業務用食材

業務用食品に関する情報が満載!

業務用食材として購入できる変わった食べ物

業務用食材として購入できる変わった食べ物 "変わった食べ物が食べたいという場合、まず食べたいものがどのようなものかによって攻めるルートが異なってきます。業務用食材というと一般に量が多くなってしまうので、購入する場合はよほど慎重に考えるべきです。 ただしいわゆるゲテモノのたぐいならば、大量に販売することは少ないので、チャンスがあれば挑戦してみる価値はあります。 和食ならば馬の心臓肉などが業務用として売られています。インド料理ならば各種のスパイスはもちろん、インドにはベジタリアンが多いので通常のスーパーでは手に入らないさまざまな豆類も面白い食材です。インド人の多い街、葛西に行けば店があります。 また韓国農協の業務用食材のカタログを見ると、「栄養肉」と称して犬の肉も掲載されています。一般に犬肉の鍋を「ポシンタン(補身湯」」と呼びますが、「ヨンヤンタン(栄養湯)」とも呼びます。これなどは絶対に日本のスーパーでは売られていません。 上野アメ横には、各国の業務用食材が売られている一角が地下にあります。雷魚とかアフリカ料理の食材としてキャットフィッシュなどが売られていて、大変面白い場所です。 "

業務用食材の一般的な内容量とは

業務用食材を扱っているスーパーマーケットは多くの商品を大容量タイプで扱っており、通常の商品の数倍で売られている事が一般的です。加工食品の代表格であるソーセージは1kg・頻繁に食卓に上がる事の多いスパゲティは5kg・乾麺のうどんやそばは1kgといった内容量で売られているので、麺類や加工肉を主食や主菜に食べている家族の場合は相当な節約が可能となります。業務用食材で有名なのは調味料ですが、カレールーは学生寮や大家族でも使えるように数倍の内容量で売られているので、地域のイベントや学校行事でも活用する事が出来ます。業務用食材のスーパーマーケットは冷凍食品も大容量タイプで売られており、昼にお弁当を持って行く機会が多い方はフライ・冷凍野菜を購入してストックしておくと、昼食代の節約・調理時間短縮につながるでしょう。なお、業務用食品を扱ってはいるものの一般の客も自由に買い物に行けるので、遠慮せずに買い物をしましょう。

Copyright © 2016 便利な業務用食材 All Rights Reserved.