便利な業務用食材

業務用食品に関する情報が満載!

下ごしらえ済みの業務用食材なら楽ちん!

下ごしらえ済みの業務用食材なら楽ちん! 業務用食材のほとんどは、下ごしらえ済みの状態で売られています。
ですので、家庭で使う時でも、そのままパパッと使えるのでとても楽チンです。
たとえば、冷凍エビの場合、普通のスーパーで買うものは、家でワタをとったり殻をむいたりしなくてはいけませんが、業務用食材なら、すでにそれらが処理されているので、その手間が省けます。
また、魚の切り身なども一口大にカットされているため、袋から出してすぐに使えます。
野菜なども、ほうれん草はすでにカットされた状態なので、わざわざゆでて水を絞って切らなくてもOKなのです。
また、みじん切りの玉ねぎを購入すれば、カレーやハンバーグの調理の時にみじん切りをする必要がありません。
料理で意外に手間になるのが、食材を洗ったり皮をむいたり、下ゆでしたり、みじん切りなどの作業です。
ですので、これらの作業から解放されるだけで、ずいぶん負担は軽くなると言えます。
また、業務用食材は冷凍されているので、保存が効きます。
すぐになくなってしまうこともなく、安心して料理にとりかかることができる点も魅力です。

業務用食材はなぜ冷凍食品が多い?

業務用食材で冷凍食品が多い結果になってしまう1番の理由はコストを下げるためです。
食材などを販売する上で、食材が腐ってしまうなどによりロスしてしまうことは大きな痛手となってきます。
その点、冷凍処理することによって2~3か月賞味期限を延ばすことが可能になり、長期保存が可能になる分販売期間の延長につながり食材のロスが減らすことができます。
また、大量生産が基本の業務用食材は海外生産が多いという事も冷凍食品が多い理由の1つです。
外国産の食材を現地の人件費が安いという事もあり、現地でそのまま加工してしまうため国内までの運搬の期間も確保しなくてはならなくなります。
生鮮食品のままで運搬するとなると、ほとんどが悪くなってしまうためどうしても冷凍食品に加工して運搬せざるを得なくなってしまいます。
しかし、これは決して悪いことではなく現地で採れた食材をすぐに現地で加工し冷凍しているので、鮮度はしっかりしているというメリットが存在します。

Copyright © 2016 便利な業務用食材 All Rights Reserved.